ケーブル直径と導体断面積の違いは?

diameterケーブル直径はケーブルの外径を示します。ケーブルのサイズは、外部絶縁部で測定した最大直径によって決定されます(単位:mm)。

導体断面積(単位:mm2)は導体の断面積を示し、切断したワイヤ材料の前面の面積になります。この場合、導電性部品だけが考慮され、絶縁材料は計算されません。撚線の場合は、個々の細線の前面の面積を合算します。撚線の間には多少の「空気」が残っているため、例えば細撚線などは、断面積の表示が同じでも単線よりも太くなります。ヨーロッパでは、断面積は主に mm2 で表示されます。

良い製品に妥協はありません

100% Made in Germany

品質に対する責任:

  • 加工および材料には最大の要件を課しています
  • 公正な労働条件による独自生産
  • 「持続可能な資源の活用」
  • 耐久性があり、信頼できる機能を保証します
  • 完全な品質保証
» 私たちについてもっと学ぶ

製品とソリューション

""当社の製品ラインナップには、皆様に提供できるものが必ずあります" » 製品ラインナップを開く

ケーブルデータベース

このケーブルに必要なツールはどれでしょう? » ケーブルデータベースを開く

ケーブルデータベース

ケーブル一覧

ケーブル一覧

特殊なケーブルの適切な外被除去に最適なストリッピングツールは?その答えはJOKARIのケーブルデータベースにあります。検索マスクにケーブルの種類を入力すると、データベースが、瞬時に適切なツールを探します。

» ケーブルデータベースを開く

製品とソリューション

私たち 製品ファインダー

製品とソリューション

Jokari は、被覆および絶縁材のストリッピングツールを 80 種類以上も提供しています。当社の製品ファインダーは、ツールの種類とケーブルの種類を選択するだけで、必要なツールを見つけることが

» 製品ファインダーへ

ユーザー

慣れ親しんだ使い易さ:製品と用途へ

» 詳しく見る
ユーザー

購入者

効率的で精密:購入される方への重要なインフォメーション

» 詳しく見る
購入者

セールスパートナー

カスタマイズ化:エンドユーザーのために個々の製品を直接見つける

» 詳しく見る
セールスパートナー
上へ